【無料】楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT」を契約してみた。【用途は?】



楽天モバイルが3/3に発表した、新プラン「UN-LIMIT」。

楽天が自社回線でサービスを開始するなんて、4年前に契約したときは想像もつきませんでした。

今回発表されたプランがどういうものなのか。

また、メディアで取り上げられているのはなぜなのか。

その他いろいろな情報をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

楽天モバイルについて

突然ですが楽天モバイルがどういうサービスを展開しているかご存知でしょうか?

楽天モバイルは現在、MVNOの会社としてサービスを展開しています。

MVNOとは、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線を借りて、ユーザーに提供しているサービスの形態です。

他のMVNO会社には、ワイモバイル、LINEモバイル、mineoなどがあります。

実は、他のMVNO会社と比較すると、現時点ですでに楽天モバイルは群を抜いているんです。

それはなぜかというと、

  • 通信量を消費して通信するモードと、速度制限モードを自分で切り替えられる。
  • 速度制限時、制限されているのに普通にyoutubeも観られる。

というのが大きな理由です。

通信モードを切り替えられる

今、ドコモやau、ソフトバンクを使用している方。

通信量(流行りの言い方だと「ギガ」ですね)を月末までに使い切ってしまい、翌月まで速度制限がかかった状態で過ごしたことがあるかと思います。

結構ストレスが溜まりますよね。

通信量は、いろんなところで消費されています。

動画を観ると一気に消費しますが、ネット検索で画像をたくさん読み込んだときや、アプリの自動アップデートで通信することもあります。

でも楽天モバイルは、通信量を使わないモード(速度制限がかかった状態)に自分で切り替えることが出来るんです。

つまり通信量を消費したくないときは「速度制限をがかかった状態」にしておき、どうしても速く通信がしたいときは高速通信に切り替える、という使い方ができます。



ちなみに僕は、常に速度制限がかかった状態で生活しています。

通信量の契約は、2GBですが、使い切ったことは一度もありません!



なぜそんなことが出来るのかは次に説明します。

速度制限時もyoutubeを観られるくらい、制限が緩い

楽天モバイルは低速時の制限として、通信速度が1Mbps(1024kbps)です。

大手キャリアや、他のMVNO会社だと128kbps〜200kbpsくらいの設定にされている事が多いです。

つまり、5倍以上の差があるわけなんですね。

ここでyoutubeを例に出してみましょう。

480pの画質で視聴するには、平均800kbpsの速度が必要になります。

参考:安く快適に!格安SIMでYouTubeを見るときの最適な方法、ギガ消費なしの格安SIM&YouTubeで消費するデータ量と必要な速度のまとめ

実は楽天モバイルの速度制限は、この480pの画質でも普通に視聴出来る速度なんですね。

なので僕は常に速度制限の状態で、ほとんど不自由なくスマホを使うことができているんです。

スポンサーリンク

なぜ今、キャリア参入で騒がれているのか

楽天モバイルがMNOに参入するというのは、最初にご説明しました。

そして、その契約プランが3/3に発表されました。

内容は、

  • プランは1つのみ
  • 通信量は無制限
  • 一ヶ月あたり2980円



これだけみるとありえない安さです。

他の会社の通信量無制限プランでは、5000円/月より安いプランは今現在ありません。

正直、他のキャリアが高すぎて、楽天モバイルが適正料金という見方もあります。

そして、今契約申し込みが殺到している理由は、

1年間は料金が無料という点。

無料にしたのはおそらく以下のようなワケがあるからだと考えられます。

  • 回線の整備が完了していない。高速で無制限に通信出来るのは都市部だけ。
  • 現時点ではiPhoneに対応していない。



これらのデメリットについては、早めに解消されると考えられるので後述します。

スポンサーリンク

新プラン「UN-LIMIT」を契約するメリット

まず、1年間は無料ということ。

無料で無制限に通信出来るなら、契約しますよね。

ちなみに、僕が契約するときに規約を隅から隅まで読みましたが、無料期間で解約することで違約金が発生するなどの記載はどこにもありませんでした。

回線が整備されていない都市でも、2GBまで高速通信が可能です。

最近のスマホはSIMを2枚入れたり、eSIMに対応していたりと複数の回線を切り替えられるので、メインで契約している回線の通信量を温存する目的にも使うことができますね。

また、使っていないスマホにSIMを入れて、テザリング専用機として使う事も可能です。

僕はこの使い方をする予定です。

スポンサーリンク

デメリットは?回線が不安定?エリアが狭い?

先ほどデメリットについて言及した2点について。

回線の整備が完了していない

こちらについては時間の問題ですね。

整備が済んでいないため無料にしたのではないかと考えられます。

無料ならデメリットでもなんでもない気がしますけれど。

iPhoneに現時点では未対応

そして大きな問題点のこちら。

日本人の4割がiPhoneを使用していることを考えると、iPhoneにずっと対応しないとは考えにくいです。

また、楽天モバイルは自社で端末を開発しているようですが、あまり上手く行かない気がします。

なぜなら、huaweiやOPPOだけでなく、Xiaomiまで日本進出してきています。

それなりの性能でとても安い、中華スマホが今後どんどんシェアを広げていくでしょう。

僕が今使っているスマホは、国内では販売されていないXiaomi redmi note8という製品です。

  • カメラは全面も含めて5個搭載。
  • CPUはSnapdragon 665で、3Dゲームもそれなりに出来る。
  • メモリは4GB、ストレージは64GB(microSDも入ります)。
  • ディスプレイはフルHD+、充電はUSB TypeC、バッテリー容量は4000mAh

といった、平均以上のスペックでお値段なんと、

中国からの送料込み、ケース付きで17000円!

めちゃめちゃ安いですよね!

・・・話が逸れました(汗)

楽天モバイルが自社のスマホを売るためにiPhoneを非対応にしているなら、おそらくそれは上手く行かないでしょう。

また、技術的な理由でiPhoneが対応していないなら、すぐに対応させるでしょう。

スポンサーリンク

楽天モバイルの新プランがおすすめの人

いろいろご説明しましたが、楽天モバイルの新プランは、以下のような方におすすめです。

  • 楽天回線に対応しているエリアで使える人
  • 地方部でも、現在の契約だと容量が足りない人
  • 余っているスマホで車に据え置きのカーナビをつけたい人
  • テザリングなどで、メインの回線の通信量を温存したい人

などなど。

正直、気になっているなら、無料の1年目だけ試しに契約してみても全く損ではないです。

無料なのは1回線目だけなので、MNPでの契約が可能な4/8以降まで待つ方法もあります。

楽天回線がきちんと使えることを口コミやレビューで確認してから、メイン回線を乗り換えるという方法ですね。

僕も一度、この方法にしようか考えました。

ですが今契約している「楽天モバイル スーパーホーダイ」の契約は4/8以降できなくなってしまいます。

後戻りできなくなってしまうと面倒なので、新規で契約してしまいました。

スポンサーリンク

すぐに契約した僕の状況

僕がすぐに契約したのは、現時点でメリットだらけだったからです。

まず、楽天の自社回線エリア内で生活していること。

無制限で通信できるのは素晴らしいですね。

もちろん通信内容によっては制限もかかると思いますが、いろいろ対策したいと思います。

そして、現在自宅でネット回線を契約しておらず、全てスマホのテザリングで運用していること。

少し特殊な状況ですね。

引越し当初はWiMAXの契約も考えましたが、テザリングで事足りていました。

4月から、新生活画は始まる人なんかも、ネット回線をどうしようか考えているのではないでしょうか?

そんな方にもおすすめですね。

スポンサーリンク

最後に

長くなりましたが楽天モバイルの新プランについて、ご説明してみました。

楽天が最初の段階で対象にしているのは、キャリアの契約形態や通信量などについてそこそこ知識のあるヘビーユーザーだと思います。

各所で言われていますが1年間無料の本質は、楽天モバイルがやっている「無料サポータープログラムの延長」ですね。

楽天側も、僕らユーザー側もWin-Winなので、上手く利用していきましょう。

サービスが開始したら、どんどんレビュー記事を書いていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました