「中小it企業はやめとけ」は嘘である5つの理由【就活生必見】

スポンサーリンク

中小IT企業はやめとけ、ってネットでよく見るけど、なんでだろう。

就活で大手ばかり受けて全落ちするのも嫌だし、本当に中小IT企業はダメなんだろうか?

就活の時、僕はこう考えていました。
知り合いとか親とか、あまりIT業界に詳しくない人にもなぜか言われました。

IT業界に就職することは決めていたので、入社する企業を決めるまで大変でしたが、現在は居心地の良い会社でのびのびと働いています。

同じようなお悩みをお持ちのあなたにも、僕の経験を共有して少しでも力になれればと思い、この記事を書きました。

「中小it企業はやめとけ」という意見を否定する理由ですが、結論から言うと、

  • 「中小IT企業はやめとけ」という意見が多いのは当たり前だから
  • SNSや企業の口コミサイトは当てにならないから
  • 避けるべきは、中小IT企業ではなく「ブラック企業」だから
  • コスパを考えると中小IT企業は穴場だから
  • 実際に僕が就活して成功したから

です。

それぞれ理由も含めて説明していきます。

なお、途中でも書きますが、あくまでも僕個人の意見です。
就活では色々な情報がネット上にわんさかありますが、最終的に信じるべきものは自分が直接「見たこと」「聞いたこと」のみ。

偏った情報や、就活ビジネスに踊らされずに、納得のいく就活になることを願っています。
この記事は情報収集とか、企業の判断材料として参考程度に使ってもらえれば幸いです。

ちなみに少し話がそれますが、本気で、なんとしても大企業に就職したいなら、
最強の就活塾、「SPARK CAREER」が超絶おすすめです。

こちらは、よくある就活エージェントではありません。いわば、「就活塾」。
完全に個別指導の塾になっていて、講師の方は数々の大手企業で活躍されています!
塾なので無料ではありませんが、なんと、上場企業の内定がもらえなかったら「全額返金

全額返金ですよ!?
相当な自信にみえますが、それもそのはず、過去の受講生は名だたる大企業に就職しています。

また、入塾に関しては学歴も学年も一切不問!
もし気になったなら、無料相談会へGO!(どんな悩みも親身になって相談に乗ってくれますよ↓↓)

スポンサーリンク

「中小it企業はやめとけ」という意見が多い理由

まず、なんで中小IT企業はやめておいたほうがいいという意見が多いのか?
IT業界に詳しくない人が言っている場合、多くは情報番組・メディアが原因と考えられます。

業界に関する調査でも、「ブラックだと思う業界は?」という質問で一番多かった答えが「IT業界」。
一般の方々の中でも、良くないイメージが定着していることがわかります。

実はIT業界は十数年前まで、非常にブラック企業の多い業界でした。
今でこそほとんどの業界でIT化が進み、PCを使わない仕事はほとんど無くなってきましたよね。

IT業界も、時代の流れでどんどん良い方向へと変わってきました。中小企業か大企業かで選ぶのはあまり現実的ではありません。

日本の中小企業ってどれくらいあるか知っていますか?
国内企業全体の、99.7%ですよ!!

もちろん全業界なので、IT企業に絞ったら多少変わるかもしれません。
ですが99%近くもある中小IT企業を選択肢から外すと、就活はハードモードになりますよね。。

では、IT業界に詳しい、というか現役エンジニアが「やめとけ」と言っている場合。

それは、その方がブラックな中小IT企業に居る(居たことがある)からでしょう。

確かに中小IT企業にはブラック企業もあります。中小IT企業はそもそも企業の数がハンパないので、もちろん意見も多く出てくるでしょう。ですがブラック企業が一定数存在するというのは大手企業でも同じだし、IT業界以外でも同じですよね。

結局は、企業ガチャでブラック企業を引かなければ良いという話になります。。
なので、ホワイト企業を引き当てる確率を上げるための方法を記事の中でも出来るだけお伝えしていきます。

スポンサーリンク

SNSや企業の口コミサイトは当てにならない

企業の採用ページや、口コミサイトは、ブラック企業かどうかを見分ける上であまりアテになりません。

採用ページには何とでも書けますよね。

口コミサイトも、大企業の場合は部署とかチームが多いので、情報がぼやけます。
ある部署は定時で帰れるのに、ある部署では終電まで残業。。
なんてこともザラにあります。

中小企業の口コミは逆に、数が少なすぎて参考にならなかったり、退職した人ばかりが書いているケースが多く見られます。

一応参考にするとしたら、年収ですかね。。
この会社の20代平均年収は「300万~350万」みたいな書き方が多くて、新卒と入社5年目では全然違うとは思いますが。。

スポンサーリンク

避けるべきは中小it企業ではなく、ブラック企業

ここまでで既に言及して来ましたが、避けるべきというか避けたいのは、中小IT企業ではなく、ブラック企業ですよね。

例えばですが、
大企業はホワイト企業が8割。ブラック企業が2割。
中小企業はホワイト6割。ブラック4割。
なんて情報をどこかで見て、中小はやめたほうがいいと言う人がいるかもしれません。

でも、世の中の企業の9割以上は中小企業。
とんでもなくホワイトなのに知名度が無いせいで人が全く来ない、という穴場な企業がゴロゴロありますよ。

ちなみに、ホワイト企業、ブラック企業と言われますが、基準が曖昧ですよね。
残業時間、給料、人間関係、仕事内容…etc

ブラック企業は、採用ページでどうするかというと、、

「残業はゼロです」→実態はサービス残業だらけ
「給料が高い」→毎日終電まで残業・激務
「アットホームな職場です」→会社の体質に合わない人はすぐ辞める
「基礎からしっかり教えます」→雑用ばかりで全然スキルが付かない

採用ページは当てにしてはいけませんね。。

もちろん正直に書いていて、本当にホワイトな企業もあります。

では、どう見分ければ良いのか?

僕の出した答えは、自分で「見たもの」「聞いたもの」を再重視すること。

裏技的な感じでネット上では、夜遅くや休みの日に企業に電話をして繋がったらブラック、みたいな冗談を言っている人もいますが、そこまではしなくて大丈夫です。

面接等で会社の中を見せてもらったときに、雰囲気が暗くないかとか、理不尽に怒られている人が居ないか、きちんと片付いているか、など、直感的に「なんか変だな」と思ったら危険信号。

感覚を研ぎ澄まして、体感でしか得られない企業の情報をしっかり掴みましょう。

難しく感じるかもしれませんが、適当で大丈夫です。
採用情報の給料や残業時間より、自分の直感を信じましょう。

スポンサーリンク

中小it企業がコスパ最高な理由

中小IT企業は悪くなさそうというのは分かったけど、もう少し具体的にはどうなの?と思うでしょう。

中小IT企業には、魅力的なポイントがたくさんあるのです。。

まず、倍率が非常に低いです。
そもそも中小企業というだけで敬遠されてしまうので、優良企業ですらどう採用すれば良いのか悩んでいます。

もし今まで目を向けていなかったら、軽い気持ちで応募してみてください。
思っているより明らかに早く内定が出るはずです。

そして、大企業よりも、入社してからミスマッチだったと思うことが減ります。

大企業だと入社後も配属があり、希望の仕事ができるかどうかもわかりません。
そして色々な部署・チームがあるので、ハズレ上司にあたってしまう可能性もあります。

中小企業は規模にもよりますが、基本的には希望の職種に就けるはず。(というか他の部署が無い笑)

就活という観点では、内定獲得までが比較的早く、自分の希望に近いポジション、その他様々なメリットを享受できる中小IT企業は、穴場です

スポンサーリンク

僕の就活体験談

僕は就活時、15社ほど受けていました。
2社は書類落ち、11社は内定、2社は最終面接の前にお断りしました。書類で落ちた企業のうち1つは大手。それ以外はすべて中小企業です。

はじめから中小企業に行くつもりだったのですが、様子見で最初に大手を受けたら当たり前のように落ちました笑

僕が受ける会社を選んでいた基準は、私服勤務、フレックス制、残業月20時間以内、完全週休2日制。

私服勤務とかフレックス制は中小IT企業だと多いです。新しい会社が多いので、その辺は自由な社風なんでしょう。

問題は残業と、完全週休二日制。

残業に関しては、大手と違って、部署ごとで残業時間が全然違うということも少なく、他の社員がどれくらい残業しているかは社員同士お互いに把握しています。
面接で聞けば割と正確に教えてくれるはずです。

そして完全週休二日制に関しては、ご存知かもしれませんが注意点があります。

それは、祝日も休みかどうか

完全週休二日制と書く場合、本当に週に2日しか休みが無い可能性があります。
つまり、祝日や夏休み、年末年始の休みです。

これも聞けば教えてくれるはずですので、きちんと確認しましょう。

ブラックっぽい企業を受けたときと、内定をもらって入社した企業のお話もしようと思ったんですが、長くなってしまいそうなので、ちょっとだけ。。

1つ目はブラックっぽい企業。
山手線圏内、駅前の高層ビルが立ち並ぶうちの一つに入っていた企業。入口のセキュリティーも厳重で、大手企業のグループ会社です。

オフィスは全面ガラス張りで、観葉植物もたくさんあって綺麗。
イケイケな感じの企業でした。見た目は。。

やばいなと思ったのは、働いている社員さんがとても疲れていそうだったのと、最終面接で社長が放った一言。
「社員にはやりたいことを聞いて、なるべくやらせている。ただしやりたいと言ったからには結果を出せよ!と。」

きっと、進捗が出せなかったら社長にこうやって詰められるんだろうなと思い、内定はお断りしました。

そして、実際に入社した企業のお話。

会社自体はオフィス街の外れにある、まあまあ綺麗な雑居ビルに入っていました。
大丈夫かここ、と思いつつ1次面接で部長さんと話していると、とても穏やかな人でしっかりと僕の話を聞いてくれる。

面接中の会議室の外からも軽い雑談と笑い声が聞こえて、雰囲気もいい感じ。

最終面接では、喫茶店で社長とランチをしながら雑談。
社長に、夢はある?と聞かれて「たくさん勉強して、仕事のできるエンジニアになりたいです。」と真面目な感じで答えました。
そうしたら、「そんなこと言ってたら悪い大人に良いようにこき使われちゃうよ。うちの社員なんて田舎に帰ってリモートワークしたいって言ったから、やらせてるよ笑」
と言われてしまいました。

この社長面白いな、と思って入社を決めたわけです。

実際入社してみたら、社員はみんな穏やかで、理不尽な残業もなく生き生きとした社会人生活を送れています。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで色々と書いてきましたが、結局お伝えしたいのは

  • 中小it企業は悪くない。
  • ブラック企業をうまく避けて、穴場なホワイト企業を見つけよう。

ということです。

最後にもう一つ、良い忘れていたんですが、
マイナビやリクナビといったサービスには載っていない優良企業があります。

マイナビやリクナビは求人を出すだけで、かなりのお金がかかります。
大量に採用する大手ならまだしも、毎年数人しか採用しない中小企業には向いていません。

では、どこに求人を出しているのか。

それは、僕も当時とてもお世話になっていた、以下のようなサイト。

IT求人ナビ 未経験|IT業界特化の未経験者就職支援サービス

20代専門の就職サポート『ウズキャリ』

この2つには、本当にお世話になりました。

IT求人ナビでは、担当者さんがとても親身に相談に乗ってくださり、
将来のことまで一緒に考えてくれました。

ウズキャリも、面接対策など、細かいところまでサポートしてもらえました。
また、ブラック企業を徹底的に排除していて、すべての企業に訪問して確認までしているんです。
さらに、企業の求人に応募したら、就活生の代わりに企業に強みをアピールまでしてくれるんです笑

本当にこの2つのサービスにはお世話になったので、おすすめです。
他では得られない情報も手に入るので、ぜひ、登録だけでもしてみてください!

IT求人ナビ 未経験|IT業界特化の未経験者就職支援サービス

20代専門の就職サポート『ウズキャリ』

コメント

タイトルとURLをコピーしました