A5判のコミック・技術書が入るおすすめ本棚はこれ!薄型や扉付きも!4コママンガもぴったり!

本棚が欲しいけど、安く買えるのは、文庫本や普通のコミックが入るサイズの本棚ばっかり・・・。

A5サイズのコミックや同人誌、技術書やビジネス書が入る本棚は無いかなぁ。



と、お困りのあなた!

A5サイズの本棚ってなかなか無いんですよね。

今回はA5サイズの本が入る本棚を安く調達する方法をいくつかご紹介したいと思います。

先に結論からお伝えしますと、僕が購入したのは、

アイリスオーヤマのモジュールボックスという製品です!

サイズ感もぴったり&コンパクトなので、とても使い勝手が良いんですよ。

それでは、これを選んだ経緯をご説明していきます!

スポンサーリンク

A5判サイズの本について(漫画・学術書・ビジネス書など)

最初に少しだけA5サイズの本について見てみましょう。

上の画像にあるとおり、文庫本は高さが14.8cm、一般的なコミック本の新書判のサイズは高さが18.2cm

そして、今回の目的のA5サイズは、高さが21cmあります。

つまり、よくある本よりちょっとだけ大きいですね。

A5サイズの本には、技術書やビジネス書、大きめの漫画本、同人誌などがあります。

同人誌なんかは、専用の本棚が出ているくらいなので、需要も結構あるんじゃないでしょうか

また、ネットで安く売っている、こんな本棚ありますよね。



こういった本棚はだいたい、全体の高さが88〜89cmになっています。

同じ高さで棚板を配置したときの、一段あたりの高さは、20.6〜7cmくらい。

一般的な漫画や小説にはピッタリですが、A5サイズの本はギリギリ入りませんね。

実は高さがこのサイズになっているのには、ワケがあります。

本棚を作るためには、大きな板からパーツを切り出して組み立てますね。

その大きな板ですが、決まったサイズで大量生産されている「910mm×1820mmサイズ」の通称「サブロク板」という板を用いることが多いんです。

そして、できるだけ板を無駄にせず本棚のパーツを切り出した結果「高さが88〜89cmになる」というわけです。

収納に便利なカラーボックスってありますよね。

あちらもサブロク板から切り出しているので、とても安く販売することが出来るんです。

スポンサーリンク

A5サイズの本棚に求める条件は、安い・コンパクト・薄い!

さて、A5サイズの本棚を探すにあたり、条件をいくつか考えてみました。

まず、「安い」こと。

値段を考えなければ、オーダーメイドで作ってもらうのが手っ取り早いですね。

しかし、通常の漫画用の本棚(4段)が3000円以下で買えることを考えると、万単位でお金がかかるのはなんとか避けたい。

また、僕の場合は新生活でいろいろと必要なものが多いので、できるだけ安く入手することを第一に考えました。

そして、「高さが低いもの」であること。

僕の部屋は結構狭いので、背が低い家具で揃えています。

なので、本棚も背が低いものにして、足りなければ横に増やすことを考えます。

ちなみに後半で、僕が買った本棚をご紹介しますが、3段のモデルと6段のモデルがあるので、背が高い本棚をお探しの方にも満足いただけると思います。

そして、「薄いタイプの本棚」。

今は奥行が20cm前後の、薄型の本棚が流行っていますね。

奥行がそれくらいなら、圧迫感もあまり感じません。

ただ、本棚自体が薄いと言うことは倒れやすいですよね。

天井近くまである本棚なら、突っ張り棒で倒れにくく固定することはできます。

ですが背が低いタイプだと、固定方法も限られるので、この条件の優先順位は低めです。

とりあえずこの3つの条件を念頭に置いて、本棚を探してみました。

スポンサーリンク

山善『本棚 コミック収納ラック CMCR-9060(DBR)



まず1つ目の案!

「通常の4段タイプでも、棚板が動かせる本棚」が候補に上がりました。

先程のタイプですね。

こちらは、棚板を動かすことが出来るので、1段をちょうどいい高さに調整することで使えるかなと思いました。

ですが、この本棚だと気になる点が。

本棚に3つの棚板がありますが、真ん中の板だけ動かせないんです。

当初、4段ある本棚でギリギリA5サイズが入らないなら、1段減らして3段にしてしまおうと思っていました。

均等に3段にできれば、スッキリA5サイズが収まる計算でした。

しかし真ん中の板が動かないため、4段あるうちの2段はA5サイズにできても、残りの2段が使えなくなってしまいます。

狭くなった2段は、文庫本ならぴったり収まります。

ですが僕の場合は、A5サイズの本しか置かない予定です。

文庫本は別の本棚に置いているので、違う方法を考えることにしました。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ『スペースユニット UB-9025

次に考えたのがこちら。

なにかいい方法は無いものかと検索していたところ、同様の悩みを持っている方を発見しました。

A5版(完全版)(L版)コミックの収納

こちらの方によると、幅が22cmの本棚を横向きにして使うと丁度いいとの事。

画像を見ると確かにいい感じに収まっています。

見た目はスッキリしていて良さそうです。

ただ、気になる点がいくつかありました。

まず、横に少し長いこと。

横にして使える、幅が22cm前後の本棚を探してみました。

一番低いもので90cmでした。

つまり、横にしたときの幅が90cmです。

たくさん本を置く予定の人には問題ありませんが、僕の部屋は狭いので出来れば幅は60cm以内に抑えたいところです。

そしてもう一つの問題点は、強度が心配なところ。

横にすることにより、本が乗っている板が歪みやすくなります。

カラーボックスと違って、板の奥行が小さいので仕方ないですね。

棚板を入れれば、強度も上がるかなとも考えました。

ですが可動式の棚板は、本棚の内側にはめた金具の上に乗せて設置するタイプです。

横にしたら外れてしまいますね。

また、本棚をそのまま重ねているため、滑らないように固定する必要があります。

耐震ゲルなどでは心もとないので、金具で固定したいところ。

問題点はありますが、手を加えれば解消できそうですね。

本が大量にある場合は、この方法が最適かもしれません。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ 『モジュールボックス MDB-3K

最終的に僕が選んだのがこちら!

いろいろ探していたら、探している条件にピッタリの物を見つけました。

見た感じ普通のカラーボックスですよね。

でもちょっと違うんです。

このアイリスオーヤマのモジュールボックス MDB-3は普通のカラーボックスより一回り小さいんです。

普通のカラーボックスは、高さ89cm、3つに区切られた部分の1つ分の高さは27.5cm程度。

これに対して、モジュールボックスは、高さ73cm、1つ分の高さはなんと 22.6cm

そしてA5サイズの本の高さは、21cm

そうです、もうお分かりですね。

A5サイズの本がぴったりなんですよ。

3段にスッキリとA5判の本を収めることができます。

スポンサーリンク

結局、採用したのはアイリスオーヤマの「モジュールボックス」

結局僕は、案③のモジュールボックスを購入しました。

理由としては、安さ拡張性です。

モジュールボックスは、3つの案の製品の中で唯一、2000円以下で購入することができます。

やっぱりお値段が安いというのはありがたいですね。

そして、もう一つの拡張性。

拡張というより組み合わせですが、探していたらモジュールボックスのセット商品もありました。

こちらは、3つセットで5000円以下ですよ。

めちゃくちゃ安くてびっくりしました。

そしてこのモジュールボックスには6段のモデルもあります!

別売りのカゴや扉をつければ、いろいろな組み合わせで設置することもできますね。

こちらも、4000円しません。

そんなこんなで、モジュールボックスを買い、A5判のコミックや技術書をたくさん並べて使っています。

奥行はありますが、普通のカラーボックスと比べると結構小さいですね。

思ったより圧迫感はありませんでした。

A5の本棚を探しているなら、モジュールボックス、おすすめですよ!



新生活に合わせて買った、激安乾燥機もおすすめです↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました