Arch Linux で Android Studio の日本語入力ができなかった件

スポンサーリンク

題の通りです。

ソースにコメントを書こうとして発覚。
他のアプリケーションでは問題なくIMEが切り替わるんですが、Android Studio上だけ何故か出来ず。

原因はXMODIFIRESをちゃんと設定出来ていなかったこと。

以下、解決に至った経緯です。

他のアプリケーションでは問題なくIMEを切り替えて日本語入力出来るので、Android Studioの問題かと思い調べてみると、ベースになっているIntelliJ IDEAでも発生しているっぽい。
ということで先人の対処法の通りOpenJDK 8に切り替えてみましたが、治らず。。

ということでfcitx側に問題があるのかと思い公式ArchWikiを読んでいたら、fcitxのページにヒントが。

fcitx を使っていて問題が発生する場合、例えばどのアプリケーションでも Ctrl+Space が使えないときは、fcitx-diagnose を使ってまず問題を診断してみてください。fcitx-diagnose はよくある問題についての手がかりを提供してくれます。

公式Wiki


そんな便利なものがあったんですね。
実行してみると、それっぽいエラー「XMODIFIERSが設定されていません。」と出ていました。
そんなわけないと、~/.xprofileをよく見てみると、

export XMODIFIRES="@im=fcitx"

とすべきところで、XMODIFIERSと設定していた。。ただのタイポ。。

ということで、修正して再起動したら無事に日本語入力できるようになりました。めでたしめでたし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました