Really Simple CSV Importerは時代遅れ。Import any XML or CSV File to WordPressを使おう!

スポンサーリンク

WordPressで記事を作成する上で、

  • 似たフォーマットWordPressの記事をたくさん作りたい
  • 別のブログの記事をすべてWordPressに移行したい

といった用途では、CSVインポートという機能が効力を発揮します。

WordPressでは、CSVファイルから記事データをインポートすることが出来るプラグインがたくさん開発されています。

ですが2021年現在、検索結果に表示される情報が少々古いようです。

他のサイトでは、Really Simple CSV Importerというプラグインが紹介されていることが多いですが、こちらのプラグインは5年以上更新が止まってしまっているんですね。

現在はもっと便利なプラグインが登場していますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

Import any XML or CSV File to WordPressを使おう!

そのプラグインとはズバリ、Import any XML or CSV File to WordPressです。

とりあえず人気度だけで見てみると、一目瞭然です。

Import any XML or CSV File to WordPressReally Simple CSV Importer
レビュー数1500101
インストール数100,00050,000

Import any XML or CSV File to WordPressは何が便利なのか。

それは、CSVファイルを作成する手間がとても減っている点。

スポンサーリンク

CSVのフォーマットを意識しなくていい。

Really Simple CSV Importerも確かに、インポートするCSVファイルを指定するだけでインポート作業が完了するので、操作自体は簡単ではあります。

ですが、CSVファイルの作成が少々面倒。

Really Simple CSV Importerでは、CSVファイルのフォーマット(どのセルにどんな情報を入れるか)が、固定されてしまっています。

そのため、CSVファイルを作成する段階で、CSVの形式を調べながら調整していかないといけません。

対して、Import any XML or CSV File to WordPressでは、インポート自体はファイルを指定して、画面の指示にしたがってボタンを押していくだけで完了します。

更に、インポート操作する段階でCSVファイルのどのセルを、記事のどの情報にするか(タイトル、カテゴリ、本文、etc…)を指定出来るんです。

つまり、自分で決めたルール(最初の行はタイトル、次の行はカテゴリ、etc…)という風にファイルを作成しておいて、

インポートするときに指定すれば良いんです!

使ってみると情報を指定できるこの機能は非常に便利ですよ。

リンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました