パンガシウスが泥臭い&まずいのか実際に食べてみた!

スポンサーリンク

イオンの鮮魚コーナーでよく見かけるパンガシウスという魚。

他のスーパーではあまり見かけませんよね。

とてもお手頃な価格なので、気になる方も多いはず。

ですが、「泥臭い」や「まずい」といった口コミもSNSで見かけることも・・・。

今回は、そんなパンガシウスがどんな魚なのか、実際に確かめるべく食べてみました。

スポンサーリンク

パンガシウスは泥臭いのか

早速ですが、パンガシウス(バサとも呼ばれています)がどんな魚かと言うと・・・

ナマズの仲間です。

とは言っても日本に生息しているわけではありません。

国内で流通しているのは、主に、生産量世界一であるベトナム産のパンガシウス。

養殖が可能な魚なので、大量に生産されています。

大手スーパーのイオンでは、2014年から販売が開始されました。

現在でも売り場に並んでいるということは、しっかり売れているようです。

そして泥臭いという意見について。

パンガシウスはナマズの仲間なので、淡水魚です。

日本でおなじみのウナギも同様で、淡水魚はもともと泥臭いもの。

下処理や調理法でも変わってきますが、多少泥臭いのは仕方がありません。

スポンサーリンク

まずいと言われているが実際に食べてみた

とはいえ、「美味しい」と絶賛されている意見も多いので、実際に食べて確かめてみました。

今回は近所のイオンで購入しました。(イオンの他、コストコでも手に入るようです。)

調理法はシンプルにムニエル

焼きながら気づきましたが、かなり身が柔らかいです。

そして、実際に食べてみると、

  • 確かに泥の臭みがしなくもない・・・が、先入観がなければ気にならないほど。
  • 身はフワフワでクセが無くさっぱりしている。

と感じました。

淡水魚特有の泥臭さは、わずかにあります。

ですが下処理として牛乳に漬けたり、多めの油でこんがり焼くことで気にならなくなりました。

総評としては、普通に美味しい白身魚でした。

スポンサーリンク

まとめ

イオンでよく見かけるパンガシウス。

「泥臭くてマズい」という口コミも見かけますが、予想以上に美味しい魚でした。

お手頃価格でお財布にも優しいのも嬉しいポイント。

見かけたらぜひお試しあれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました